ドイツ北部で水素燃料電池列車が試験運行

北部ニーダーザクセン州のブレーマーフェルデ(Bremervorde)で、水素を使った燃料電池を動力源とする列車が世界に先駆けて試験運行されている。同州の交通当局が実施しており、2021年12月には14編成で定期運行を始める計画だ。独経済紙ハンデルスブラットが伝えた。 現在使用され…

関連国・地域: ドイツフランスカナダ
関連業種: 電機製造一般運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

独コンチ、デブレツェンに電子部品工場建設(02/23)

テレフォニカ、第4四半期は5倍に増益(02/23)

ドイツテレコム、3.8%増益 米国の税制改革が追い風に(02/23)

チェコの自動車生産、1月は0.2%減少(02/23)

ライアンエアー、イースター休暇にストも(02/23)

Ifo企業景況感、2月は悪化(02/23)

欧州商用車登録台数、1月は8.2%増加(02/23)

シュコダ、印で値上げ=関税引き上げで(02/23)

ダイムラー、大型EVトラックを試験運用(02/23)

化学ヘンケル、通期は23%増益(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン