ドイツ北部で水素燃料電池列車が試験運行

北部ニーダーザクセン州のブレーマーフェルデ(Bremervorde)で、水素を使った燃料電池を動力源とする列車が世界に先駆けて試験運行されている。同州の交通当局が実施しており、2021年12月には14編成で定期運行を始める計画だ。独経済紙ハンデルスブラットが伝えた。 現在使用され…

関連国・地域: ドイツフランスカナダ
関連業種: 電機その他製造運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジェノバの橋崩落、道路運営社の権利剥奪も(08/16)

ノルドストリーム2、露領海の敷設を許可(08/16)

【ウイークリー統計】第18回 ビールの生産量と輸出入量(08/16)

政府、干ばつによる飼料不作で環境規制緩和(08/16)

アクアリウス号の難民、5カ国で受け入れへ(08/16)

ケーブルのレオニ、第2四半期は33%減益(08/16)

デンマーク、豚コレラ対策でフェンス設置へ(08/16)

BMW発火問題、未点検なら運転停止=韓国(08/16)

ベトナム完成車輸入、ドイツ車の需要が急落(08/16)

BMWの中国EV合弁、張家港に拠点設置へ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン