ロシア、鳥インフルで60万羽超を殺処分

世界動物保健機関(OIE)は、ロシア西部コストロマ州の農場で飼育されていた家禽(かきん)類約4万4,000羽が高病原性のH5N2型の鳥インフルエンザウイルスに感染し死亡したと発表した。これにより、農場では60万羽超が殺処分された。 OIEによると、2017年12月17日に感染…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

ダイヤのアルロサ、ジンバブエで生産再開へ(01/16)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

露国民の53%、メドベージェフ政権に不満(01/16)

露南西部のアパートでガス爆発、4人が死亡(01/16)

博報堂、英独の広告2社と業務提携(01/16)

アルメニア、パシニャン氏が首相に(01/15)

ロシア新車販売、12月は5.6%増加(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン