ロシア、鳥インフルで60万羽超を殺処分

世界動物保健機関(OIE)は、ロシア西部コストロマ州の農場で飼育されていた家禽(かきん)類約4万4,000羽が高病原性のH5N2型の鳥インフルエンザウイルスに感染し死亡したと発表した。これにより、農場では60万羽超が殺処分された。 OIEによると、2017年12月17日に感染…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 経済一般・統計農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシアの失業率、4月は4.9%に改善(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

アルミのルスアル、CEOと幹部7人が辞任(05/25)

金融VTB、マグニトの株式11.8%を売却(05/25)

ロシアとエジプト、工業地区建設で50年契約(05/25)

ロシア鉱工業生産、4月は1.3%増加(05/24)

露政府、ガソリンとディーゼル燃料を減税へ(05/24)

ロシア、イランと議会経済委員会を設立(05/24)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン