• 印刷する

航空IAG、墺ニキ航空の資産取得へ

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は、経営破綻した独エアベルリンのオーストリア子会社ニキ航空(NIKI Luftfahrt)の資産を取得すると発表した。取引額は2,000万ユーロで、これとは別に最大1,650万ユーロの流動性資金の供給を計画する。

取引の対象となるのは、エアバスのナローボディ機「A320」最大15機に加え、ウィーンをはじめ、ドイツのデュッセルドルフやミュンヘン、スペインのパルマ・デ・マヨルカ、スイスのチューリヒなどの空港の発着枠。取引後、ニキ航空はIAG傘下の短距離格安航空ブエリング(Vueling)の子会社となるが、当面は個別に運営される見通しだ。取引完了には欧州委員会の承認を要する。

IAGは「ニキ航空の取得によってブエリングのオーストリア、ドイツ、スイスでの存在感が高まる」としている。新会社には、ニキ航空の元社員740人ほどが移管される計画だ。

ニキ航空を巡っては、独最大手のルフトハンザ航空が昨年10月に買収する見込みとなっていたが、欧州委が難色を示したことを受けて断念。その後、IAGのほかにもフォーミュラ1(F1)の元レーサーでかつてニキ航空を保有していたニキ・ラウダ氏らが取得に興味を示していた。[M&A][労務]


関連国・地域: 英国ドイツオーストリアスペインスイス
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英領北アで親英派の暴動激化 対立派のコロナ規制違反が原因に(04/09)

建設業PMI、3月は過去6年半で最高(04/09)

資源アングロ、南アの燃料炭部門を分離へ(04/09)

英国製ワクチン、豪政府が接種方針巡り協議(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

英外相、インドネシア訪問で協力確認(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

台湾、4月末にも英製ワクチンの自費接種へ(04/09)

東芝に英CVCが買収提案 提示額200億ドル、非公開化の方針(04/08)

英製ワクチン、30歳未満の接種推奨せず(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン