• 印刷する

トラックのボルボ、吉利汽車が8%株を取得

スウェーデンの投資会社セビアン(Cevian)・キャピタルは27日、中国の自動車メーカー吉利汽車(Geely)に、トラックで欧州最大手のボルボ(スウェーデン)の持ち株8.2%を売却することで合意したと発表した。これにより、吉利は筆頭株主に躍り出る。

吉利は今回の取引について、中国市場で培った知見のほか、電動化技術や自動運転技術といった分野での優れた研究開発(R&D)能力を生かし、ボルボのグローバル開発を促進し、ブランド強化に寄与できるとしている。なお、同社はボルボから約20年前に分離した高級車メーカー、ボルボ・カー・コーポレーション(ボルボ・カーズ、スウェーデン)を傘下に収めるが、現段階では両ブランドを再統一する意図はないとしている。

ロイター通信によると、取引額は約33億ドル。吉利は取引完了後、議決権ベースで15.6%を握ることとなる。

ボルボは中国で、東風汽車集団(DFG)傘下のトラックメーカー、東風商用車の株式45%を保有しているほか、建設機器事業も展開している。[M&A]


関連国・地域: スウェーデンアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造金融建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

ドイツ、5G網構築で華為技術の参加に懸念(12/10)

家電6社、仏当局が価格カルテルで罰金(12/07)

エリクソン、トルコで研究施設を開設(12/06)

マドリード、電動キックボードを一部撤去へ(12/06)

【ウイークリー統計】第26回 電池の回収率と再生エネの割合(12/06)

北欧のイノベ団体、香港に拠点開設(12/06)

スカンジナビア航空、通期は9%増益(12/05)

ノキア、星企業と5GNRの屋外試験を実施(12/05)

スポティファイ、印市場参入を計画(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン