• 印刷する

ラドブロークスに買収提案 GVC、世界的な地位強化へ

オンラインブックメーカーの英スポーティングベットを所有するマン島の投資会社GVCホールディングスは7日、ブックメーカーのラドブロークス・コーラルを買収する方向で交渉を進めていると発表した。規制環境が厳しくなり業界再編が進む中、世界的な地位を高めたい考え。

GVCはラドブロークス・コーラル株1株当たり160.9ペンスに加え、最大42.8ペンスの不確定価額受領権(CVR)を支払う。これは前日終値に50%のプレミアムを上乗せした水準で、ラドブロークス・コーラルの企業価値を最大39億ポンドと見積もった形だ。

買収が実現すれば、GVCは「ラドブロークス」「コーラル」「ガラ」の各ブランドを取得する。取得後のシナジー効果は7,000万~1億ポンドに上るという。

ブックメーカー業界では再編が進んでおり、2015年にはラドブロークスとガラ・コーラル・グループ、ベットフェア・グループとパディー・パワーがそれぞれ合併。先にはオーストラリアのクラウンベット(CrownBet)を巡り、英ウィリアム・ヒルとパディーパワー・ベットフェアがそれぞれ買収交渉を進めていると報じられた。

これらの動きの背景には、英政府がブックメーカーに適用する税率を引き上げ、規制の厳格化を進めていることがある。同政府は10月、ブックメーカーが店舗に設置するギャンブルマシーンについて賭け金の上限を引き下げる方針を示した。こうした状況を受け、英国に注力するブックメーカーは他国での事業拡大や事業の多角化に動いている。[M&A]


関連国・地域: 英国アイルランドアジア
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の支持求める メイ首相、英産業連盟の総会で(11/20)

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

ネスプレッソ、持続可能なアルミ導入へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

メイ首相不信任投票への動きに失速の気配(11/20)

独経済相、マイナス成長受け減税策を検討(11/20)

新聞ジョンストン・プレス、社債権者が買収(11/20)

金融TSB、新CEOにクロスビー氏を指名(11/20)

ドイツ、サウジ政府関係者18人を入国禁止(11/20)

鉄道ヴァージン・トレインズ、米国進出(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン