• 印刷する

GSK、生命科学の投資強化 政府の業界支援計画に協調

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は6日、生命科学分野に4,000万ポンドを投資すると発表した。英政府がこの日公表した生命科学業界の支援計画「セクター・ディール」に連動する動き。新薬開発に向けた遺伝子研究を強化する。

GSKは今回の投資で、非営利の生体データバンク「英国バイオバンク」に集まったボランティア50万人分の遺伝子配列データを解読するプロジェクトを推進する。また、資金の一部は、GSKが参加する業界協業プロジェクト「オープンターゲット」にも振り向けられる。オープンターゲットは新薬開発の優先分野を特定するために遺伝子や生体のデータを共有する試みで、2014年にケンブリッジで始動した。

セクター・ディールは、欧州連合(EU)離脱に伴う経済成長の失速を食い止めるとともに、長期にわたり低迷する生産性を向上させるために政府が先に打ち出した産業戦略の一部。生命科学、建設、人工知能(AI)、自動車の4分野で技術革新や生産性の向上、輸出増加を促進する。

産業戦略にはこのほか、2027年までにR&D投資が国内総生産(GDP)に占める比率を2.4%に引き上げること、研究開発(R&D)費用の税額控除率を12%に高めること、新たに産業戦略チャレンジ基金を設置し、7億2,500万ポンドを投資することなどが含まれている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品化学建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英領北アの通関簡素化案公表 EU、欧州司法裁の管轄権触れず(10/15)

C・スイス、損失受けた顧客の手数料を免除(10/15)

英港湾の混雑問題、クリスマス商戦に影響か(10/15)

英国の迅速検査、当初予想よりも精度高く(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

英の「最果てパブ」、住民が購入金集め達成(10/15)

EU、通関検査の大半撤廃も 英領北アに関する離脱協定見直し(10/14)

バークレイズ、グラスゴーに新キャンパス(10/14)

鉱工業生産、8月は0.8%増加(10/14)

貿易収支、8月は赤字がわずかに拡大(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン