海運マースク、印の新拠点で200人雇用

デンマークの海運大手APモラー・マースクは、インド南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)に新設した研究拠点で、向こう1年間にエンジニア200人以上を雇用する計画だ。ザ・ヒンズー(電子版)が伝えた。 新拠点は「ケイパビリティー・センター」と呼ばれ、同社の後方支…

関連国・地域: インド欧州デンマークアジア
関連業種: IT・通信運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

ノルスク・ウィンド、米FBに電力提供(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

補聴器ワイデックス、同業シバントスと合併(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン