海運マースク、印の新拠点で200人雇用

デンマークの海運大手APモラー・マースクは、インド南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)に新設した研究拠点で、向こう1年間にエンジニア200人以上を雇用する計画だ。ザ・ヒンズー(電子版)が伝えた。 新拠点は「ケイパビリティー・センター」と呼ばれ、同社の後方支…

関連国・地域: インド欧州デンマークアジア
関連業種: 運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

エルステッド、台湾社と陸上変電所建設契約(11/22)

【ウイークリー統計】第25回 パスタの生産量と肉の価格(11/22)

グーグル、デンマークにデータセンター新設(11/21)

ダンスケ銀の内部告発者、議会で証言(11/20)

家具JYSK、越に新店舗を開設(11/20)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

スペイン、ガソリン・ディーゼル車禁止へ(11/15)

ダンスケ銀会長、資金洗浄疑惑で辞任へ(11/08)

ヴェスタス、第3四半期は29.6%減益(11/08)

宝飾品パンドラ、第3四半期は30%減益(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン