• 印刷する

RBS、英で259支店を閉鎖 オンラインバンキングの普及で

英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は1日、国内支店網の4分の1に当たる259支店を閉鎖すると発表した。オンラインバンキングの普及により店舗での取引が減ったことが背景にあり、これに伴い約680人が整理される。

閉鎖するのは、RBSの支店62カ所と、傘下のナットウエストの支店197カ所。これにより、国内に残る支店数は744店舗となる。RBSは人員削減について「最小限にとどめる」とした上で、自主退職者を募る意向を示した。

同社の広報担当者は「より多くの顧客が日々の銀行取引をオンラインまたは携帯電話で行うことを選択している」と説明。「英国では2014年以降、支店を利用する顧客数が40%減少する一方、モバイル決済は73%増加した」と述べ、現在は500万人以上の顧客がモバイルバンキングアプリを使用していると指摘している。

RBSは3月にも、英国とアイルランドで計180支店を閉鎖し、約690人を削減する計画を発表。8月には、ロンドンのIT(情報技術)担当者を2020年までに880人整理する方針を示した。[労務]


関連国・地域: 英国アイルランド
関連業種: 金融IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英財務相、補正予算案発表 大型減税で経済成長2.5%目指す(09/26)

鉄道労組RMT、10月8日にスト計画(09/26)

家具メード・ドットコム、身売りを検討(09/26)

オクトパス、英風力発電所の権益追加取得(09/26)

GfK消費者信頼感、9月は過去最低(09/26)

欧州政治共同体、初会合に英・トルコも招待(09/26)

英中銀、連続で大幅利上げ 第3四半期にリセッション入りも(09/23)

BT、10月に4回のスト=緊急通報にも影響(09/23)

通信当局、米3社のクラウドサービスを調査(09/23)

セインズベリー、英南部18店舗の売却で合意(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン