ロスネフチ、サハリンで世界最長の坑井完成

露国営石油大手ロスネフチは16日、オホーツク海大陸棚のチャイボ(Chaivo)油田で世界最長の大偏距井の掘削が完了したと発表した。長さは15キロメートルに達している。 同油田はサハリン北東部沖の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン1」に属する。「サハリン1」では2003…

関連国・地域: ロシアアジア米国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ルーマニア、2025年までにガス生産倍増へ(02/22)

ブルガリアの対内FDI、昨年は36.7%増加(02/22)

欧州ではしかの感染者が4倍増、2万人突破(02/22)

ロシアの失業率、1月は5.2%に悪化(02/21)

国際協力銀行、露極東に開発促進会社を設立(02/21)

デリパスカ氏、En+とルスアルの社長辞任(02/21)

ロシア鉱工業生産、1月は2.9%増加(02/20)

欧州鉄鋼協会が米国に懸念 商務省が輸入規制の導入提言(02/20)

ロシア郵便、マグニトと食品配達で提携(02/20)

R・ロイス、2030年までに小型原子炉を完成(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン