エアバス、過去最大の受注 ドバイ航空ショーで米社から

欧州航空・防衛最大手エアバスは15日、米投資会社インディゴ・パートナーズから中距離向け旅客機「A320NEO」ファミリー430機を受注したと発表した。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国で開催中の航空宇宙関連の国際見本市、第15回ドバイ航空ショーで獲得したもので、取引額は495億ドル相当。1回の受注としては過去最大規模だ。

報道発表するエアバスとインディゴ、航空4社の代表(エアバス提供)

報道発表するエアバスとインディゴ、航空4社の代表(エアバス提供)

インディゴの購入機は最終契約を経て、同社が株主の格安航空会社4社に割り当てられる。うちハンガリーのウィズエアーは「A320NEO」72機と「A321NEO」74機、米フロンティア航空は合わせて134機、チリのジェットスマート(JetSMART)は計70機、メキシコのボラリス (Volaris)は計80機となっている。

インディゴは以前にも「A320NEO」ファミリー427機を購入。今回の取引で最大顧客の1社に浮上する。なお搭載エンジンの選定結果は後ほど公表される予定で、年内の最終契約を見込んでいる。

エアバスは他にも、UAE空軍とUAE防空軍から中型戦術輸送機「C295」5機を受注。納入開始は2018年10月以降を予定する。14日にはクウェートのワタニーヤ(Wataniya)航空と、「A320NEO」ファミリー25機の購入で覚書(MOU)を締結した。

また、UAEのシャールジャ首長国を本拠とする格安航空会社エア・アラビアは13日、「A321NEO」6機を巡り米航空機リース会社エア・リース・コーポレーションと契約を結んだ。リース期間は8年間で、取引額は27億9,000万ドル相当。

BBC電子版などによると、かねて取り沙汰されているエミレーツ航空からの超大型機「A380」の受注については、現在も交渉中という。取引が実現した場合、20機で87億ドル相当、36機で157億ドル相当に達する。


関連国・地域: フランス米国中東
関連業種: 製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン