• 印刷する

アルセロールミタル、第3四半期は77%増益

鉄鋼で世界最大手のアルセロールミタル(ルクセンブルク)は10日、第3四半期(7~9月)の純利益が12億500万ドルとなり、前年同期比77.2%増加したと発表した。事業環境が改善し、欧州を除く全地域で鉄鋼の出荷が伸びたことが貢献した。

売上高は21.5%増の176億3,900万ドル。出荷量は鉄鋼が6.9%増の2,170万トン。鉄鉱石は910万トンと、12.3%増えた。鉄鋼の平均販売価格は第2四半期から1.5%上昇し、鉄鉱石は大きく12.7%上がった。

グループのEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は19億2,400万ドルと1.4%拡大した。

アルセロールミタルは、今年の世界の鉄鋼需要が2.5%~3%拡大するとの予想を維持。今年の設備投資額については前年から5億ドルほど引き上げ、29億ドルとする方針をあらためて示した。


関連国・地域: ルクセンブルク欧州
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン