オランダ、4千件の租税取引を調査

オランダ政府は8日、2012~16年に国際企業と交わした4,000件の租税取引に関する調査を開始した。調査報道記者の国際団体ICIJがこのほど公開したタックスヘイブンに関する「パラダイス文書」で、米消費財大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)に対する税制優遇措置の承…

関連国・地域: 英国オランダ米国
関連業種: 繊維その他製造金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、植物由来食品の売り上げ拡大へ(11/23)

オランダ、映画館再開など規制緩和(11/20)

オランダ失業率、10月は4.3%に改善(11/20)

SSAB、印タタのオランダ資産取得を協議(11/17)

スキポール空港地下鉄延線、自治体など合意(11/17)

オランダ鉄道、利用者に事前予約を呼び掛け(11/12)

金融ABNアムロ、第3四半期は46%減益(11/12)

エジプトとオランダ、水事業協力で覚書(11/10)

オランダ政府、KLM航空への公的支援承認(11/09)

オランダ社、テレ2クロアチア事業に投資(11/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン