• 印刷する

航空IAG、20.7%増益 旺盛な旅行需要が追い風に

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は27日、第3四半期(7~9月)の営業利益(特別損益除く)が14億5,500万ユーロとなり、前年同期比20.7%増加したと発表した。旺盛な旅行需要とコストの低下が追い風となった。

売上高は2%増の66億1,700万ユーロ。うち旅客収入は58億9,900万ユーロと1.6%伸びた。座席キロ当たり収入は0.7%増え、恒常為替レートベースでは2.2%のプラスだった。乗客輸送実績は有償旅客キロ(RPK)換算で横ばい。搭乗率は86.2%と1年前から0.6ポイント上昇した。純利益は18.1%増の11億4,600万ユーロだった。

ウィリー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)はグループ全体が好業績を挙げたとした上で、スペインと中南米市場の改善が座席キロ当たり収入を押し上げ、貨物部門IAGカーゴはアジア・太平洋からの需要が拡大したと説明。通年については、特別損益を除く営業利益が30億ユーロ程度になるとの見方を示した。


関連国・地域: 英国スペインアジア中南米
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英首相、内閣改造を実施 エネルギー安全保障ポスト新設(02/08)

石油BP、通期は2.2倍に増益=過去最高益(02/08)

欧州の空港利用者数、倍増も回復は道半ば(02/08)

ロイヤル・メール、2月16日のスト中止(02/08)

英中銀、30年までにデジタル通貨導入も(02/08)

破綻のフライビー、航空大手2社が関心か(02/08)

ハリファックス住宅価格、1月は横ばい(02/08)

生活費高騰、英世帯7割が「深刻な影響」(02/08)

英医療従事者が過去最大スト スナク首相、賃上げに消極的(02/07)

デンマーク、初のCO2貯蔵免許を交付へ(02/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン