• 印刷する

航空IAG、20.7%増益 旺盛な旅行需要が追い風に

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は27日、第3四半期(7~9月)の営業利益(特別損益除く)が14億5,500万ユーロとなり、前年同期比20.7%増加したと発表した。旺盛な旅行需要とコストの低下が追い風となった。

売上高は2%増の66億1,700万ユーロ。うち旅客収入は58億9,900万ユーロと1.6%伸びた。座席キロ当たり収入は0.7%増え、恒常為替レートベースでは2.2%のプラスだった。乗客輸送実績は有償旅客キロ(RPK)換算で横ばい。搭乗率は86.2%と1年前から0.6ポイント上昇した。純利益は18.1%増の11億4,600万ユーロだった。

ウィリー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)はグループ全体が好業績を挙げたとした上で、スペインと中南米市場の改善が座席キロ当たり収入を押し上げ、貨物部門IAGカーゴはアジア・太平洋からの需要が拡大したと説明。通年については、特別損益を除く営業利益が30億ユーロ程度になるとの見方を示した。


関連国・地域: 英国スペインアジア中南米
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

KPN、国内で大規模な電話通信障害(06/26)

独ティッセン、ハンガリーに新工場を建設へ(06/26)

ジョンソン減税案、国庫に負担 恩恵享受は主に富裕層(06/26)

英政府、包装食品に原材料の表記義務付けへ(06/26)

エネコ巡る入札、仏トタルと伊エネルが断念(06/26)

オンライン銀モンゾ、評価額20億ポンド超に(06/26)

サザン・ウオーター、虚偽報告などで罰金(06/26)

スーパー売上高、直近12週間は1.4%増加(06/26)

HSBC、香港で口座手数料を廃止へ(06/26)

サンタンデール、独アリアンツとの合弁解消(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン