• 印刷する

ECB、量的緩和策を縮小へ 金利はゼロパーセントに据え置き

欧州中央銀行(ECB)は26日開いた政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置くことを決めた。中銀預入金利もマイナス0.4%で維持。一方、量的緩和策については、12月に期限を迎える毎月600億ユーロ規模の資産購入を、少なくとも来年9月末まで延長し、購入額は来年1月から毎月300億ユーロに縮小すると決定した。いずれも大方の予想通り。

量的緩和策は来年9月以降も必要であれば継続する。また、見通しが悪化した場合や金融状況によりインフレの持続的な調整に向けた進展がない場合には、資産購入規模の拡大や期間を延長する用意があると明言した。さらに量的緩和策で購入した債券は、緩和策の終了後も償還分を必要な限り再投資する方針を示した。

政策金利については長期間にわたり現行水準を維持するとしており、量的緩和策を来年も続けるため利上げは2019年以降になるとみられている。

ドラギ総裁は理事会後の記者会見で、「量的緩和策の決定は好調な金融状況を維持しインフレ率を持続的に目標に近づける必要があるため」と説明。理事会では異なる意見も出たものの、期限や規模の変更に大多数の理事が賛成したことを明らかにした。

ECBはこれまでに量的緩和策により2兆ユーロ規模の資産を購入。これがユーロ圏の経済を回復させデフレに陥るのを防いだとされる。ただしユーロ圏の9月のインフレ率は1.5%と、ECBが目標とする2%を7カ月連続で下回っている。


関連国・地域: EU
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

ルーマニアGDP、第3四半期は4.3%増加(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

ラトビアの新保守党、組閣を断念(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

欧州議会、商用車の排出35%削減案を可決(11/16)

EU、域内通話・SMS料金の上限設定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン