金融バークレイズ、32%増益 PPI絡みの引当金積み増しなく

英金融大手バークレイズは26日、第3四半期(7~9月)の税引き前利益が11億700万ポンドとなり、前年同期比32.3%増加したと発表した。返済保障保険(PPI)の不適切販売に絡む引当金の積み増しがなかったことで、国内部門が大きく伸びた一方、投資銀行業務が振るわず市場予想は下回った。

国内部門は9倍弱に拡大。一方、国際部門は40%減少し、うちコーポレート&投資銀部門は33%縮小した。グループ全体の純利益は継続事業ベースで53.8%増の7億8,300万ポンド。バーゼル3全面適用時の普通株式等ティア1レシオ(自己資本比率)は9月末時点で13.1%と、3カ月前から横ばいだった。

ジェームズ・ステイリー最高経営責任者(CEO)は「当期は特に国際部門にとって厳しいものになった」とコメント。債券・為替・商品取引(FICC)の量と変動の少なさが業界全体にとって痛手となり、同行も例外ではなかったと指摘している。今後については、13%のティア1レシオを前提に、有形株主資本利益率(ROTE)を2019年に9%以上、2020年に10%以上に引き上げる目標を掲げている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン