自動車団体が新たな連合結成 米国にNAFTA残留求め

独フォルクスワーゲン(VW)や米ゼネラルモーターズ(GM)、トヨタ自動車などを代表する自動車業界団体などが24日、新たな連合を結成した。米国の北米自由貿易協定(NAFTA)脱退を示唆するトランプ大統領に残留を促す狙い。ロイター通信などが伝えた。

「ドライビング・アメリカン・ジョブズ(Driving American Jobs)」と命名された連合には、米国自動車部品工業会(MEMA)や米国国際自動車ディーラー協会(AIADA)などが参加。NAFTAの崩壊で労働市場に深刻な問題が生じるのを防ぐことに主眼を置く。向こう4週間で50万ドル超を投じて、NAFTAの自動車業界に関する条項の維持に向けた広報キャンペーンを展開する計画だ。

今年に入り自動車業界では、総額95億ドルの対米投資計画が明らかにされている。NAFTA加盟3カ国間の年間貿易高は1兆2,000億ドルに上るが、同連合は、米国が脱退した場合に米自動車業界の労働市場は危機に直面すると警鐘を鳴らす。米国自動車工業会(AAM)のジェニファー・トーマス副会長は「NAFTAからの脱退により米国内の自動車生産量は落ち込み、失業者が増えるほか、新車価格も跳ね上がる」と予想。また、海外市場への自動車輸出にも影響が及ぶと話している。

トランプ米大統領はかねて、NAFTAが米国の貿易収支や雇用に悪影響を与えているとして、協定内容の見直しまたは脱退に言及。直近の協議では、自動車に対する輸入関税撤廃の条件として、加盟国間での部品調達率を従来の62.5%から85%超に引き上げ、このうち米国製部品を50%以上とすることを要求。これが現実となれば、NAFTAによる市場自由化の恩恵を受けてきた自動車業界は、サプライチェーンの再編や関税の支払いが余儀なくされ、大きな打撃を受けるとみられている。[労務][日本企業の動向]


関連国・地域: ドイツアジア米国中南米カナダ
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車金融・保険雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン