旧車に「Tチャージ」を導入 大気汚染の改善に向け=ロンドン

ロンドンのサディク・カーン市長は23日、都心部に乗り入れる汚染物質排出量の多い旧年式の車に1日10ポンドを課す排出サーチャージ(Tチャージ)制度を開始した。市内の大気汚染の改善に向けた措置で、2006年以前に新車登録された自動車の大半が対象。大気汚染対策としては世界で最も厳格な基準となる。

Tチャージが課されるのは、欧州連合(EU)の排ガス基準「ユーロ4」に適合していないディーゼル車とガソリン車で、平日の午前7時~午後6時に既存の渋滞税(通行料)に上乗せする形で課金される。渋滞税は11.5ポンドのため、Tチャージを合わせた支払額は1日当たり21.5ポンドとなる。1カ月当たり最大3万4,000台が影響を受ける見通しだ。

カーン市長は昨年10月、Tチャージの導入案を発表。さらに今年4月には、これに置き換わるものとして、2019年4月8日から都心部に乗り入れる車両に厳しい通行料を課す「超低排出区域(ULEZ)」を導入することを決定した。

ULEZは、EUの排ガス基準「ユーロ4」に対応していないガソリン車と、「ユーロ6」に対応していないディーゼル車が対象。これに該当する場合、乗用車や小型商用車、二輪車は曜日や時間帯を問わず1日当たり12.5ポンド、大型のバスやトラックは100ポンドが課される。Tチャージと同様、渋滞税に上乗せする形で課金され、乗用車の場合、合計支払額は1日につき24ポンドとなる予定。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン