化学アクゾノーベル、第3四半期は24%減益

オランダの化学大手アクゾノーベルは18日、第3四半期(7~9月)の純利益が2億1,600万ユーロとなり、前年同期比24%減少したと発表した。為替差損や、生産とサプライチェーンの一時的な遅れに加え、船舶向け・保護用塗装部門の不振と原料価格の高騰が響いた。 売上高は1%増の…

関連国・地域: オランダアジア米国アフリカ中東中南米欧州
関連業種: 化学金融運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

住友電工、トムトムとITS分野で協業(10/21)

蘭2大年金基金、来年は支給額引き下げも(10/18)

ユニリーバ、第3四半期は2.9%増収(10/18)

オランダ失業率、9月は横ばいの3.5%(10/18)

シーメンス、蘭VDLと電気バス充電で協業(10/18)

シグニファイ、米クーパーライトニング買収(10/17)

フィリップス、印で男性用シェーバー生産も(10/17)

中銀、住宅ローンリスクに備え資本増強要請(10/16)

EU、コロンビアの冷凍ポテト関税で異議(10/15)

オランダのインフレ率、9月は2.6%に減速(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン