西政府、来年の成長率見通しを2.3%に下方修正

スペイン政府は16日、2018年の国内総生産(GDP)成長率見通しを従来の2.6%から2.3%に引き下げた。北東部カタルーニャ自治州の独立騒動による先行き不透明感が原因。独立問題を巡っては、中央政府の新年度予算案…

関連国・地域: ドイツEUスペイン
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般マスコミ・出版・広告社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ガス・ナトゥラル、コロンビア子会社を売却(11/21)

タレス、エジプトで鉄道信号システム刷新(11/21)

VWブランド、228億ユーロの投資計画発表(11/21)

デンマークの労働市場、人材不足が深刻化(11/20)

仏の家庭ごみリサイクル率、EU14位と低迷(11/20)

ユーロ圏建設業生産、9月は0.1%増加(11/20)

VWの世界販売、10月は8.2%増加(11/17)

欧州新車登録、10月は5.9%増加(11/17)

ユーロ圏貿易収支、9月は黒字拡大(11/16)

スペインのインフレ率、10月は1.6%に減速(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン