西政府、来年の成長率見通しを2.3%に下方修正

スペイン政府は16日、2018年の国内総生産(GDP)成長率見通しを従来の2.6%から2.3%に引き下げた。北東部カタルーニャ自治州の独立騒動による先行き不透明感が原因。独立問題を巡っては、中央政府の新年度予算案の承認にも遅れが出ている。AFP通信などが伝えた。 政府の新…

関連国・地域: ドイツEUスペイン
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般マスコミ・出版・広告社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

スペイン失業率、第1四半期は16.7%(04/27)

通信オレンジ、第1四半期は3.8%増益(04/27)

日本車の対欧輸出、ホンダと三菱が好調(04/27)

西パルマ、観光客へのアパート貸出禁止(04/26)

英ボーダフォン、顧客満足度7年連続最下位(04/26)

サンタンデール、第1四半期は10%増益(04/25)

ユーロ圏財政赤字、対GDP比0.9%に改善(04/25)

欧州商用車登録台数、3月は2.8%減少(04/25)

スペインがイタリア抜く 1人当たりGDPで初(04/23)

産業向け原料グズマン、星社と合弁設立(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン