新車登録台数、9月は9.3%減少 6カ月連続マイナス=今後に不安も

自動車製造取引業者協会(SMMT)は5日、9月の英国の新車登録台数が42万6,170台となり、前年同月比9.3%減少したと発表した。6カ月連続のマイナスで、個人購入と法人向け、フリートの3部門がいずれも落ち込んだ。

9月は個人購入が8.8%減り、フリートは10.1%縮小。法人向けも5.2%減少した。燃料別ではディーゼル車とガソリン車がそれぞれ21.7%、1.2%のマイナスとなった一方、電気自動車(EV)など代替燃料車(AFV)は41%拡大した。市場シェアは1年前から1.9ポイント上昇し、5.3%だった。

新車登録台数をメーカー別に見ると、英国車は仏グループPSA傘下のボクソールが25.5%減少。インドのタタ・モーターズが展開するランドローバーは0.9%、姉妹ブランドのジャガーは8.7%それぞれ減った。

ドイツ勢はフォルクスワーゲン(VW)が7.7%拡大。高級車メルセデス・ベンツは1.7%減少した。VW傘下のアウディは4.8%減り、BMWは3.5%縮小した。フランス車はルノーが28.4%減少。プジョーと姉妹ブランドのシトロエンはそれぞれ20.6%、8.9%落ち込んだ。販売台数が最も多い米フォードは19.1%のマイナスとなっている。

日系メーカーは、トヨタ自動車(レクサス除く)が1.8%増加。日産自動車も3.6%拡大した。半面、ホンダは14.5%減り、マツダは20.1%落ち込んだ。スズキと三菱自動車はそれぞれ0.8%、10.1%のマイナスだった。韓国勢は現代自動車が2.7%減少し、傘下の起亜自動車は2.4%減っている。

1~9月の累計登録台数は206万6,411台と、1年前を3.9%下回っている。

SMMTのマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は、「9月は例年、新車市場にとって重要指標。今回の下落は今後の大きな懸念につながる恐れがある」とコメント。また、新しいディーゼル車やガソリン車が今後禁止されたり、追加の手数料を取られたりすることはないということを消費者に強調する必要があるとした。[環境ニュース][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン