アコーホテルズ、インドでラッフルズ展開も

仏ホテル大手アコーホテルズ(AccorHotels)は、高級ホテルブランド「ラッフルズ」をインドで展開するもようだ。西部ラジャスタン州ウダイプールに1号店を設置する見込み。消息筋の話として、エコノミック・タイムズ電子版が4日伝えた。

アコーホテルズは2015年12月にカナダ同業のフェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナル(FRHI)ホールディングスを買収し、「ラッフルズ」ブランドを取得した。同時に取得した「フェアモント」についても、ムンバイの空港付近にインド2号店を設置する計画とされ、地場シュレム・グループが協力するという。

同社のゴーラブ・ブシャン最高開発責任者(CDO)は先に、インドを含めた新興市場で高級ブランドの展開を強化する方針を明らかにしていた。アコーの取り組みは、高級ホテルが不足しているインド国内の旅行・観光業界にもメリットがある。

ラッフルズは、現在はシンガポールとパリ、イスタンブールの3カ所にある。【NNAインド】


関連国・地域: インド欧州フランストルコアジアカナダ
関連業種: 観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

ソジェン、アブダビ行からヨルダン事業取得(07/16)

ミシュラン、タイでトヨタにタイヤ供給(07/16)

リンデとプラクスエア、米資産売却で協議(07/16)

パリの地下鉄、紙の切符廃止へ(07/16)

PSAの販売台数、上半期は38.1%増加(07/13)

シュツットガルト市、来年から旧式車禁止(07/13)

仏自動車部品ノバレス、セルビア工場拡張へ(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

ラガルデール、オンラインヘルス事業売却へ(07/13)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン