• 印刷する

ダイソン、EV開発へ 2020年までに生産開始

英家電大手ダイソンは、電気自動車(EV)の開発に20億ポンドを投じ、2020年までに生産を開始すると発表した。既に多くの競合がひしめく分野だが、同社のEVは「根本的に異なる」ものになるという。創業者のジェームズ・ダイソン氏の話として、ロイター通信などが伝えた。

ダイソンはEV開発に10億ポンド、「全固体電池」の開発に10億ポンドをそれぞれ投資する。全固体電池は電解質に固体を用いるもので、EVの動力源として主流となっているリチウムイオン電池(LIB)に代わると期待されている。小型で効率性が高いほか、充電速度が速く、再利用も容易なのが特長。トヨタ自動車も全固体電池の開発に取り組んでおり、2020年までの搭載を目指している。

ダイソンは約400人の技術者で開発チームを構成。本拠を置くイングランド南西部ウィルトシャー州のマルムズベリー(Malmesbury)で、既に2年半にわたって水面下でプロジェクトを進めている。全固体電池については、2015年に買収した米電池子会社サクティ3(Sakti3)と別のグループがそれぞれのアプローチで開発を競っている。また、同社は英高級車メーカーのアストンマーティンの幹部を引き抜いたほか、政府からバッテリー研究向けに1,600万ポンドの支援を取り付けている。

EV分野は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)やダイムラー、トヨタ、米テスラなどがしのぎを削っている。ダイソン氏は、「他社と似たようなことをするのは意味がない」とした上で、ダイソンが開発を目指すEVは「スポーツカーでもなく、廉価版でもない」と述べた。[環境ニュース][日本企業の動向][労務]


関連国・地域: 英国ドイツアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

英各省庁、緊急対策を始動 合意なき離脱の可能性に備え(03/25)

スウェドバンク、資金洗浄の調査結果を公表(03/25)

日本税関、英離脱後のEPA適用日程を公表(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

スミス・グループ、医療機器部門を分離へ(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

ロイヤル・メール、新会長を指名(03/25)

トーマス・クック、英国で21店舗を閉鎖へ(03/25)

ビクトレックス、蘭社の3D印刷技術に投資(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン