• 印刷する

極右政党・国民戦線、フィリポ副党首が離党へ

フランスの極右政党・国民戦線のフロリアン・フィリポ副党首は21日、離党すると明らかにした。5月の大統領選でルペン党首が敗退した後、党内で不和が広がっていることが原因とみられる。この日出演した公共放送フランス2の番組での発言を元に、AFP通信などが伝えた。

フィリポ氏は、党内でも特に欧州連合(EU)や単一通貨ユーロからの離脱を強く訴える人物で、これらを強調し過ぎたことが大統領選の敗北につながったとの声が党内で上がっていた。先には、ルペン党首から戦略・広報責任者としての地位をはく奪されている。

フィリポ氏は番組内で「物笑いの種になることも、何もやることがないのも好きではないので、確実に国民戦線を辞める」と述べた。過去数週間で取り巻く環境がさらに悪化したとし、党の再建計画の構想に自身が含まれていないと説明した。具体的な離党時期については、明らかにしなかった。

なお同氏は5月、自身が率いる政治運動「パトリオ(Patriots)」を設立。国民戦線内部では、将来のライバル政党になり得るとの見方もあるようだ。


関連国・地域: フランスEU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、減産見通しを50万台に大幅修正(10/25)

米FB、転載料支払いで仏新聞団体と合意(10/25)

ソフトバンク、仏ロボ事業売却で独社と協議(10/25)

日本ペイント、建築用塗装クロモロジー買収(10/25)

極右のゼムール氏、出馬なら決選投票進出も(10/25)

米政府、デジタル税巡り欧州5カ国と合意(10/25)

欧州北部で暴風雨の被害=ポーランドで死者(10/25)

ジオポスト、UAEの物流会社に20%超出資(10/22)

アルストム、スペインで年内に200人超採用(10/22)

自動車ルノー、半導体不足で30万台減産か(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン