消費財の業界団体、食品ラベルの表記統一へ

食品・消費財メーカーや小売店の国際業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)は20日、2020年までに食品の消費期限などのラベル表記を世界的に統一することで合意した。2030年までに食品廃棄を半減させるため、スーパー英最大手のテスコ、米小売最大手ウォルマート、食品で世界最大手のネスレ(スイス)、英蘭資本の食品・家庭用品大手ユニリーバなど加盟400社が具体的な取り組みを進める。

ラベル表記にはこれまで「販売期限(sell by)」「消費期限(use by)」「賞味期限(best before)」「陳列期限(display until)」といった表記が混在し、消費者の誤解を招いているとの批判があった。その結果、米国の家庭だけでも年間290億ドル相当の食品が無駄に廃棄されているという。

このためCGFは将来的に食品1点につきラベルを1枚に限定し、生鮮食品については消費期限、保存食については賞味期限だけを表示する方針。各国の政府機関や非営利団体と協力し、消費者の認識向上にも努めるとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国EUスイスオランダ米国
関連業種: 食品・飲料製造一般商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン