オランダ国民の購買力、2007年以降で最高の伸び

オランダ国民の購買力の伸びが2007年以降で最高に達している。オランダ政府統計局(CBS)によると、2016年の平均購買力は前年比2.7%上昇した。一方で、国民の3人に1人が購買力の低下を感じている現状も浮き彫りになった。NLタイムズが伝えた。

CBSによると、購買力の伸びは債務救済策や、団体協約による統一賃金が平均1.8%上昇したことが理由。他方で、インフレ率が0.3%となったことが幾分歯止めをかけたともみている。

就業者の平均購買力は4.9%上昇し、過去15年間で最高だった。ただ、就業者の28%は、勤務時間が減少したため購買力が下がったと回答した。

自営業者の平均購買力は、1.8%上昇したものの、自営業者間の格差は拡大。2割の人は少なくとも12.5%低下したと答えた半面、別の2割は18%かそれ以上に上昇したと回答した。

年金受給者の購買力は、平均0.9%上昇。高齢者割引の増加などが理由として挙げられる。ひとり親家庭は3.4%、両親と子供のいる家庭は5%それぞれ上昇した。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

オランダの住宅価格、第2四半期は過去最高(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

KPMG、香港で南部へオフィス移転か(07/17)

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

シェル、カナダのLNG基地巡り投資判断へ(07/16)

オランダ上院、12市町村の合併を承認(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

フィットネス機器MTG、蘭・英に現地法人(07/13)

ビトルの豪事業、IPO価格は仮条件下限に(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン