• 印刷する

ルーマニア西部で暴風雨、8人死亡

ルーマニア西部のティミショアラ(Timisoara)を中心とした地域で17日、暴風雨が発生し、倒木の下敷きになるなどして8人が死亡、約140人が負傷した。BBC電子版などが伝えた。

最大風速が毎時100キロメートルを記録した今回の暴風雨では、200カ所以上の町や村が被害を受け、一部では今も断水や停電が続いている。また、校舎が被害を受けた約40校が休校となっている。

今回の暴風雨で自治体が事前に警報や避難勧告を出さなかったことで、住民の批判が噴出。さらに同国のトゥドセ首相が17日、「われわれに何ができるというのか。風が吹くのを止める法律でも作るのか」とコメントしたことにも非難が集中した。

こうした事態を受けて同首相は18日、5人が死亡し49人が負傷したティミショアラを慰問。迅速な警報システムを導入すると発表した。[環境ニュース]


関連国・地域: ルーマニア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルーマニアの平均賃金、5月は0.1%低下(07/10)

米オシュコシュ、ルーマニア拠点閉鎖へ(07/06)

ルーマニア失業率、5月は過去3年で最高(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン