• 印刷する

ライアンエアー、休暇調整ミスで2100便欠航へ

アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは15日、向こう6週間で最大2,100便をキャンセルすると発表した。1日平均40~50便が欠航する計算で、パイロットや客室乗務員の休暇スケジュールの調整ミスのほか、航空管制の処理能力不足による遅延、ストライキなどを理由に挙げている。

これを受け、17日は82便がキャンセルされた。18日は56便、19日は55便、20日は53便がそれぞれ欠航する予定で、6週間で最大28万5,000人に影響が出る見込み。顧客には直接連絡が来るほか、オンラインでも欠航便を確認でき、他便への振り替えもしくは返金を受けられる。ライアンエアーは「欠航便は全体の2%以下」とするが、予定変更を余儀なくされた利用客からは怒りが噴出している。

ライアンエアーは来年1月から、休暇年度を従来の4月開始から1月開始に変更する。現在は移行期間中で、夏季休暇シーズン後の9月以降に休暇を取得する従業員が増えたことが、スケジュールの調整ミスにつながった。また、英独西の航空管制の処理能力不足、フランスの航空管制スト、悪天候を背景に、定時運航率は過去2週間で80%以下に落ち込んだと説明。定時運航率を90%に回復させることが目的と弁明した。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランスアイルランドスペイン
関連業種: 運輸観光雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

パティスリー・バレリー、MBOで店舗存続(02/15)

メイ首相、離脱延期も想定か 交渉官の私的発言で明らかに(02/14)

ユーロ圏鉱工業生産、予想上回る落ち込み(02/14)

EU、鉄道分野で合意なき離脱対策を発表(02/14)

欧州中銀、愛中銀レーン総裁が専務理事に(02/13)

ユーロトンネル運営会社、英政府を提訴(02/13)

EU小規模国、税制巡る拒否権廃止に反対(02/13)

旅行TUI、第1四半期は赤字拡大(02/13)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

英の合意なき離脱、ドイツで10万人失職も(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン