英でプラスチック製の新10ポンド札が流通開始

英中銀イングランド銀行は14日、プラスチック製の新10ポンド紙幣の流通を開始したと発表した。今年で没後200年を迎える小説家ジェーン・オースティンの肖像を採用している。また、視覚障害者が使用しやすいよう、今回初めて点字を施している。

新紙幣は既に10億枚以上が印刷されており、数日から数週間をかけて全国に出回る。これに伴い、従来の10ポンド札は順次回収されるが、並行して来春まで使用可能だ。

新10ポンド札の印刷は、紙幣や金券の印刷で世界最大手の英ドゥラリュ(De La Rue)が担当。最新の偽装防止技術が導入されているほか、耐久性に優れ、従来紙幣よりも少なくとも2.5倍長持ちするとされる。

なお、今回の新紙幣発行に先駆け、同じくジェーン・オースティンの横顔のシルエットを彫刻した新2ポンド貨幣が、7月から枚数と地域限定で発行されている。英国全土での流通は冬ごろを予定。またイングランド銀行は、2020年までに20ポンド札もプラスチック製に切り替える計画で、デザインには画家のジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの肖像を使用する。

流通が始まった新10ポンド札(イングランド銀提供)

流通が始まった新10ポンド札(イングランド銀提供)


関連国・地域: 英国
関連業種: 化学・石化製造一般金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン