• 印刷する

パリ、2024年夏季五輪の開催が正式決定

国際オリンピック委員会(IOC)は13日、ペルーの首都リマで総会を行い、2024年の夏季五輪をパリで開催することを全会一致で決定した。同委は併せて、2028年の夏季五輪の開催地をロサンゼルスに決めている。

IOCは今回、同時に2大会の開催地を決めるという異例の措置をとった。その背景には選考の最終段階まで残ったパリとロサンゼルスがいずれも、2024年の開催地に選ばれなければ4年後の2028年の夏季オリンピック開催地に再び立候補する意欲を示していたことがある。こうした中、ロサンゼルスは先に、IOCから最大20億ドル超の補助を受けることを条件に2028年大会の開催を受け入れていた。

パリが五輪の開催地となるのは100年ぶり3度目。過去には1900年と1924年に夏季五輪を開催した。その後は1992年、2008年、2012年の夏季五輪に立候補したが、競合都市に敗北している。パリでは開催決定の知らせを受けて、エッフェル塔前に巨大な五輪シンボルが飾り出された。イダルゴ市長は「100年ぶりに五輪をパリで開催できることを心から幸せに思う」とコメント。マクロン大統領も「フランスの勝利」と喜んだ。


関連国・地域: フランス米国中南米
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却(07/14)

サフラン、メキシコ北部に新工場を建設へ(07/14)

仏国務院、大気質改善の怠慢で政府に罰金へ(07/14)

アコーホテルズ、MEAで2千人整理(07/14)

仏製造業生産、5月は22%増加(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

「ベジバーガー」の呼称禁じる仏新法に異議(07/13)

ノートルダム大聖堂、19世紀の姿を再現へ(07/13)

エアバス、上半期の納入機数は5割減(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン