欧州新車登録、8月は5.6%増加 過去最高を更新=英国は前年割れ

欧州自動車工業会(ACEA)は14日、8月の欧州連合(EU、マルタ除く27カ国)の新車登録台数が86万5,047台となり、前年同月比5.6%増加したと発表した。8月としては、これまでの最高記録だった2008年を上回った。主要5カ国の中で英国のみが前年割れとなっている。

主要5カ国では、イタリアが15.8%、スペインが13%それぞれ拡大。フランスは9.4%増え、欧州最大市場のドイツも3.5%増加した。一方、英国は6.4%減っている。EUに欧州自由貿易連合(EFTA)3カ国を加えた30カ国全体では90万3,143台と、1年前を5.5%上回った。

30カ国をメーカー別に見ると、欧州最大手の独フォルクスワーゲン(VW)は2.8%伸びたが、「VW」ブランドに限ると4.4%減少した。グループの市場シェアは1年前の26.1%から25.4%に低下した。

仏グループPSAの販売台数は大きく79.2%増加。米ゼネラルモーターズから買収したオペルとボクソールが8月から加わっている。仏ルノーは13%増えた。米フォードは3.5%のマイナスとなった。伊フィアット・ クライスラー・オートモービルズ(FCA)は9.8%伸びている。

高級車は独BMWとダイムラーがそれぞれ2.5%、9.3%拡大した一方、印タタ・モーターズ傘下の英ジャガー・ランドローバー(JLR)は12.7%減った。

日本車はトヨタ自動車(レクサス含む)が12.5%伸び、日産自動車は16.7%増加。マツダ(6.2%増)とスズキ(23.7%増)、三菱自動車(16.9%増)も好調だった。一方、ホンダは9.2%落ち込んでいる。韓国勢は現代自動車が0.8%増え、傘下の起亜は2.9%拡大した。

1~8月の累計登録台数は30カ国全体で1,055万9,543台と、1年前を4.4%上回っている。

■7月は2.7%増加

なおACEAは今回、7月のデータも併せて公表している。7月のEUの新車登録台数は2.7%増の115万5,361台。30カ国全体では119万3,554台とやはり2.6%増えた。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアマルタアジア米国欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

EU、豪・NZとFTA交渉 工業製品やサービスの輸出拡大へ(05/23)

米国、イランに12項目要求=EUに同調要請(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

フィンランド中銀、レーン副総裁が新総裁に(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン