スイス競争委、ブッキングドットコムに法的措置

スイスの競争委員会(WEKO/COMCO)は、宿泊予約サイトのブッキングドットコム(booking.com、オランダ)に対する法手続きを開始したと発表した。価格表示に関する不当行為があったためと説明している。スイスのニュースサイト、スイスインフォが伝えた。

競争委は問題の円満な解決を目指したものの、同社が交渉に応じなかったと主張。このため法的措置を取る以外に選択肢がなかったとしている。

同委は2月にブッキングドットコムに対する調査を開始。ウェブサイトの掲載料や表示場所による料金の違いなどを調べていた。同社は他社や外国のサイトと大差はないとし、交渉を拒否した事実もないと主張している。

同社を巡っては今年3月、競争法違反の疑いでハンガリー競争局(GVH)が家宅捜索を実施。昨年12月にはドイツの連邦カルテル庁が、他社サイトよりも安い価格表示を要求する「最安値条項」の廃止を命じている。


関連国・地域: ドイツスイスオランダハンガリー
関連業種: IT・通信観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ネスレ、2020年までに砂糖などの使用量削減(05/17)

海運MSC、ADPとターミナル開発で契約(05/16)

露カスペルスキー、スイスに開発拠点を移転(05/16)

ワールドライン、SIXペイメントを買収(05/16)

石油ロスネフチ、第1四半期は7倍超に増益(05/15)

アコーホテルズ、チリのアットン買収で合意(05/15)

ノルウェー、民泊サービスの宿泊日数制限も(05/15)

シーカの株式取得で合意 サンゴバン、3年半の協議終結(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン