独リドル、チェコでオンライン宅配サービス導入へ

独格安スーパー大手リドルが、チェコで今秋にもオンライン宅配サービスを導入するもようだ。同社にとり中東欧初の試みで、現在は同国の従業員9,500人とその家族を対象に試験展開している。チェコ通信などが伝えた。

広報担当者によると、チェコでのオンライン宅配サービスは日用品に限定され、注文から3日以内に配達される。これにより、宣伝商品の一部店舗での品切れ、レジでの長蛇の列を回避できるとしている。

商品は全て、昨年11月にチェコ西部プルゼニ(Plzen)に開設した広さ4万4,000平方メートルの物流センターから配送される予定。同センターでは約2万品目の取扱商品を保管している。

リドルは足元のドイツをはじめ、ベルギーとオランダで同様のサービスを展開。これらの国では日用品に加え、保存食品やワインなどの飲み物の注文を受け付けている。チェコ版の商品ポートフォリオが同じになるかは不明だ。


関連国・地域: ドイツベルギーオランダチェコ
関連業種: IT・通信食品・飲料製造一般商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ貿易収支、5月は黒字縮小(07/18)

チェコのインフレ率、6月は2.6%に加速(07/17)

チェコ失業率、6月は過去22年で最低(07/17)

プラハ1区、落書き撲滅チームを立ち上げ(07/17)

チェコ鉱工業生産、5月は1.4%増加(07/16)

プラハ1区で自転車乗り入れを制限(07/16)

チェコでバビシュ新政権が正式発足(07/13)

ラガルデール、オンラインヘルス事業売却へ(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

シュコダとシーメンス、チェコ鉄道から受注(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン