独リドル、チェコでオンライン宅配サービス導入へ

独格安スーパー大手リドルが、チェコで今秋にもオンライン宅配サービスを導入するもようだ。同社にとり中東欧初の試みで、現在は同国の従業員9,500人とその家族を対象に試験展開している。チェコ通信などが伝えた。

広報担当者によると、チェコでのオンライン宅配サービスは日用品に限定され、注文から3日以内に配達される。これにより、宣伝商品の一部店舗での品切れ、レジでの長蛇の列を回避できるとしている。

商品は全て、昨年11月にチェコ西部プルゼニ(Plzen)に開設した広さ4万4,000平方メートルの物流センターから配送される予定。同センターでは約2万品目の取扱商品を保管している。

リドルは足元のドイツをはじめ、ベルギーとオランダで同様のサービスを展開。これらの国では日用品に加え、保存食品やワインなどの飲み物の注文を受け付けている。チェコ版の商品ポートフォリオが同じになるかは不明だ。


関連国・地域: ドイツベルギーオランダチェコ
関連業種: IT・通信食品・飲料製造一般商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

ホームクレジットの越法人、米社が初格付け(05/21)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

チェコGDP、第1四半期は4.5%増加(05/17)

ボーダフォン、CEO退任へ 在任10年間で事業再編に手腕(05/16)

チェコ貿易収支、3月は黒字縮小(05/15)

チェコのANOと社民党、連立合意案を承認(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン