• 印刷する

エアベルリン、パイロットが山猫スト=32便欠航

破産申請した独2位の航空会社エアベルリンは13日、パイロット約150人が集団で体調不良を訴えたため、32便をキャンセルした。同社から機体と乗務員をリースしているルフトハンザ航空傘下の格安航空ユーロウイングスの短距離路線にも、一部影響が出た。ロイター通信が伝えた。

エアベルリンは前日にもパイロット約200人が体調不良を訴え、約100便を欠航。これらは今後の人員整理に反対するための山猫ストライキとみられている。同社は現在、引受先を募っているが、こうした欠航が会社の存続を脅かし、事業の閉鎖につながりかねないと懸念を示した。

エアベルリンは破産申請したため、キャンセル便の補償を行っていない。顧客センターは、対象便の予約者に対して代替便を自己負担で購入するよう促している。

エアベルリンの資産取得を巡っては、入札期限が9月15日に設定されている。ルフトハンザが大部分を買い取る最有力候補とみられており、早ければ21日にも決定が下される見通し。

他に英旅行大手トーマス・クック傘下の独コンドル航空が応札に向け動いているほか、英格安航空大手イージージェットは最大40機の取得を目指しているとみられる。また、航空業界の独実業家ハンスルドルフ・ウェアル氏は先に、同氏が率いる投資会社イントロ(INTRO)グループを通して、エアベルリンを5億ユーロで買い取ると提案したことを明らかにした。[労務][M&A]


関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン未接種者の規制強化 独、全土で「2G」ルール適用(12/03)

ICU患者数、クリスマスまでに過去最多も(12/03)

ドイツの次期外相、対中強硬姿勢示す(12/03)

独地熱発電所で100万台分のリチウム産出へ(12/03)

PwC独拠点、脱税容疑で当局が家宅捜査(12/03)

ボロコプター、サウジ新経済特区と提携(12/03)

欧州委員長、ワクチン義務化の議論促す(12/03)

機械受注高、10月は19%増加(12/03)

BMW、印で半年以内にEV3車種を投入(12/03)

コロナ死者数、2月以降で最多 保健当局が新変異株に警戒強める(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン