• 印刷する

プラハ、中心街で屋外での飲酒禁止も

プラハ市は、歴史的建造物の残る中心街全域で屋外での飲酒を禁止する制度の導入を検討している。市議会は近く、改正案について議論する予定だ。プラハTVが11日伝えた。

飲酒禁止制度は一部道路で既に導入されていたが、全域では初めて。背景には、チェコで飲食店での全面禁煙法が施行されたことがある。アルコール飲料とたばこをたしなむ人の居場所が屋外に限定されたため、騒音などへの苦情が増加しているという。なお、レストランやバーが設けるフェンス付きの屋外スペースは、飲酒禁止の対象には含まれない。

プラハ1区と2区はこの動きを歓迎している。ただ、チェコ海賊党の議員は「規制は既に厳しすぎる」と反論。対象地域を縮小する半面、該当場所での規制徹底を呼び掛けている。

キリンビールの世界主要国のビール消費量統計(2015年版)によると、チェコの1人当たりのビール消費量は年間142.4リットル。23年連続で世界首位を維持しており、観光客による消費も記録に一役買ってるという。


関連国・地域: チェコアジア
関連業種: 食品・飲料その他製造観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコGDP、第3四半期は5%縮小(12/02)

チェコ、飲食店再開などの規制緩和へ(12/01)

チェコ、鉄道橋改修に100億コルナを投資へ(11/30)

独ラインメタル、チェコで合弁設立へ(11/27)

チェコ企業景況感、11月は悪化(11/25)

チェコ乗用車生産、1~10月は21.4%減少(11/23)

チェコ、店舗営業時間を午後9時までに延長(11/19)

チェコ、高リスク国への出張が24時間可能に(11/18)

チェコのインフレ率、10月は2.9%に減速(11/18)

チェコ中銀、政策金利を0.25%に維持(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン