ドイツ鉄道、高速列車でセルフチェックイン導入へ

ドイツ鉄道(DB)が、高速列車インターシティーエクスプレス(ICE)の一部路線で、スマートフォンの専用アプリ「DBナビゲーター」を通じたセルフチェックインサービスを試験的に導入している。同社の広報担当者の話を元に、ザ・ローカルが11日伝えた。

同サービスは、乗客が列車に乗車した後、車内で無料提供されているWi―Fi(ワイファイ)に接続し、アプリ内で予約済みの席のチェックインを可能とするもの。これにより、巡回する車掌は同サービスを利用する乗客の切符確認を省略できるほか、乗客は乗車中に切符を探す必要がなくなり、サービス向上につながるとしている。ただ、セルフチェックインは強制ではなく、車掌による切符確認を選ぶことも可能という。

DBはサービスの試験導入を8月に開始した。現在、対象となっているのは、ドルトムント―シュツットガルト間、シュツットガルト―エッセン間、ハンブルク―ベルリン間、ハンブルク―ミュンヘン間を結ぶ4路線。本格導入時には対象が拡大される予定だが、具体的な時期などは決まっていない。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン