• 印刷する

スペイン国鉄の従業員、29日に全国ストへ

スペイン国鉄(RENFE)の従業員が、29日午前0時から午後11時にかけて今年2度目の全国ストライキを行う。大規模な人員整理に抗議するため。ローカル線と中長距離線の全てに影響が出る見通し。

同社従業員によるスト実施は今年2度目。前回は夏季休暇の始まりとなる7月の最終金曜日に実施され、RENFEは高速鉄道「AVE」274本やマドリード首都圏の通勤列車「セルカニアス(Cercanias)」の半数を運休した。

スペイン最大の労働組合である労働者委員会(CCOO)は、RENFEと鉄道インフラ管理機構(ADIF)が2005年から6,000人に上る人員削減を実施していると非難している。今回の決断について「公共事業省、RENFE、ADIFとの交渉が決裂し、スト実施のほかに選択肢が残されていない」と説明した。

なお、スペインの空港スタッフが15日に予定していたストは中止となった。空港当局との交渉が予定されているため。[労務]


関連国・地域: スペイン
関連業種: 運輸電力・ガス・水道観光雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

セプサ、UAE社とイベリア半島事業で協力(01/18)

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

サンタンデール、本社ビルの所有権巡り敗訴(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

スペインのインフレ率、12月は1.2%に減速(01/16)

スペイン警察、闘鶏で182人逮捕(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン