イヴ・サンローラン共同設立者ベルジェ氏が死去

高級ブランド「イヴ・サンローラン(YSL)」の共同設立者で、2008年に死去したサンローラン氏の公私にわたるパートナーとして知られた実業家のピエール・ベルジェ氏が8日、死去した。長い闘病生活の末、仏南部サンレミドプロバンスの自宅で息を引き取った。享年86歳。BBC電子版が伝えた。

ベルジェ氏は1961年、サンローラン氏と共にYSLを設立。優れたビジネス手腕でYSLを世界有数のブランドに育てた。両氏は1990年代にYSLを売却し、16億ドル以上を手にした。私生活面では1976年にパートナーシップを解消したものの、その後も生涯にわたり友人関係を維持した。ベルジェ氏は今秋、パリとモロッコのマラケシュでイブ・サンローラン美術館を開設する予定だった。

同氏は、2010年に仏紙ルモンドを買収した実業家グループの1人としても知られる。また、同性愛者の権利保護やエイズの治療・研究の支援活動にも精力的に取り組んだ。


関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: アパレル・繊維商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

カルフール、ディアから取得の店舗売却も(05/23)

携帯電話ウィコ、タイで新製品2モデル発売(05/23)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

メルセデス、仏工場でEV生産へ(05/22)

仏電力公社、英の風力発電資産を一部売却へ(05/22)

鶏肉加工LDC、同業ドゥーの工場を取得(05/22)

小売りカルフール、上海で新店舗を開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン