• 印刷する

英トーマス・クック航空、パイロットがスト実施

英旅行大手トーマス・クックの航空子会社、トーマス・クック航空のパイロットは8日午前3時(現地時間)から、12時間のストライキを実施した。英航空操縦士協会(BALPA)によると、英国でのパイロットによるスト決行は1974年以降で初めて。

トーマス・クック航空とBALPAは今年の賃上げを巡り、8カ月にわたり交渉を続けている。紛争解決機関ACAS(助言あっせん仲裁サービス)を仲介した2日間の協議も実を結ばず、BALPAは8月21日にスト決行を宣言。その後、トーマス・クック航空が高等法院にスト差し止めを請求したが、棄却されていた。

労組側は物価上昇率に、同規模の競合と同等の賃上げ率を上乗せした水準を要求している。BBC電子版によると、トーマス・クックのペーター・ファンクハウザー最高経営責任者(CEO)は、BALPAが年率10%を超える賃上げを要求していると非難。「当社は今年の賃上げ1.8%に加え、向こう2年でさらに4%の増額を提示した」と述べた。

トーマス・クックによると、スト中も多くのフライトが通常運航された。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱の与野党協議が決裂 双方が党内の分裂を批判(05/20)

格安航空NAS、複数社が関心か(05/20)

アイルランドの肉牛農家、EUが特別補償(05/20)

SBVF、体験旅行の独新興企業に出資(05/20)

欧州新車登録、0.4%減少 英独が引き続き不振=4月(05/20)

デリバルー、アマゾンなどが5.7億ドル出資(05/20)

Bスチール、株主などからつなぎ融資確保(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

プレタ・マンジェ、競合イートを買収か(05/20)

独仏蘭、中国・華為技術の5G入札を容認(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン