• 印刷する

高級車JLR、全モデルで電化版 2020年からに計画前倒し

インドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)は7日、2020年から全モデルで電気自動車(EV)またはハイブリッド車(HV)を提供すると発表した。同社は昨年、2020年までに新モデルの半数で電化版を用意する計画を打ち出していたが、これを前倒しする格好となる。

同社はこの計画の一環として、「ジャガー」ブランド初となるEVのコンセプトモデル「Iペース」を2018年に発売する。ブルームバーグによると、同社は既に2万5,000台の「Iペース」を受注している。「Iペース」はスポーツタイプ多目的車(SUV)で、1回の充電による航続距離は500キロメートル。生産はオーストラリアで行う予定だ。

また同社はこの日、1960年代に人気を博した「ジャガーEタイプ」のEV版「Eタイプ・ゼロ」を初披露。併せて、音声認識ソフトウエアを組み込み、質問に答えたりインターネットに接続したりできるインテリジェント・ハンドル「セイヤー(Sayer)」も発表している。

英国とフランスは7月、2040年までにディーゼル車とガソリン車の販売を全面的に禁止する方針を相次いで打ち出した。こうした中、中国の自動車大手、浙江吉利控股集団傘下の高級車メーカー、ボルボ・カー・コーポレーション(ボルボ・カーズ、スウェーデン)は2019年以降に発売する新車を全てEVまたはHVとし、ガソリン車とディーゼル車の販売を終了する方針を明らかにしている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国フランスオーストリアスウェーデンアジア
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

英各省庁、緊急対策を始動 合意なき離脱の可能性に備え(03/25)

スウェドバンク、資金洗浄の調査結果を公表(03/25)

日本税関、英離脱後のEPA適用日程を公表(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

スミス・グループ、医療機器部門を分離へ(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

ロイヤル・メール、新会長を指名(03/25)

トーマス・クック、英国で21店舗を閉鎖へ(03/25)

ビクトレックス、蘭社の3D印刷技術に投資(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン