• 印刷する

アムステルダム地下鉄、不健康な食品の広告禁止

アムステルダム市は、地下鉄駅で健康に悪い子供向け食品の広告を全面的に禁止する。NLタイムズが伝えた。

新条例によると、18歳以下の子供や若者向けの健康に良くない食品の広告が2018年1月1日から市内の全58駅で禁じられる。ノールト・ザウト(Noord-Zuid)線の新駅も対象に含まれるという。

保健・スポーツ担当の市議は、「子供たちは健康的な環境で育つ権利がある」と指摘。地下鉄駅の広告入札は15年に1度しか実施されないため、この機会に望ましくない広告を一掃する必要があると話している。

今回の措置は、子供の肥満防止を目指すより広範な取り組みの一環。公共医療サービスのGGDアムステルダムなどと手を組み、既に肥満を患う子供の支援にも当たっている。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品運輸サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オランダのインフレ率、4月は1.9%に(05/17)

下院、オランダとの租税条約の破棄を承認(05/13)

オランダ、19日に規制緩和の第2段階へ移行(05/13)

オランダ、余剰ワクチンの情報サイトが発足(05/12)

食肉BRF、子会社をルーマニア同業に売却(05/11)

オランダ、CCS計画に補助金20億ユーロ(05/11)

KLM航空、ドブロブニク便を32年ぶり再開(05/11)

人口当たり代替肉消費、欧州首位はオランダ(05/11)

OCIとアブダビ国営石油、肥料合弁上場へ(05/10)

ロッテルダムで3件の爆発事件、けが人なし(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン