• 印刷する

アムステルダム地下鉄、不健康な食品の広告禁止

アムステルダム市は、地下鉄駅で健康に悪い子供向け食品の広告を全面的に禁止する。NLタイムズが伝えた。

新条例によると、18歳以下の子供や若者向けの健康に良くない食品の広告が2018年1月1日から市内の全58駅で禁じられる。ノールト・ザウト(Noord-Zuid)線の新駅も対象に含まれるという。

保健・スポーツ担当の市議は、「子供たちは健康的な環境で育つ権利がある」と指摘。地下鉄駅の広告入札は15年に1度しか実施されないため、この機会に望ましくない広告を一掃する必要があると話している。

今回の措置は、子供の肥満防止を目指すより広範な取り組みの一環。公共医療サービスのGGDアムステルダムなどと手を組み、既に肥満を患う子供の支援にも当たっている。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品運輸サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スカイ買収、当局が入札方式での売却を指示(09/21)

蘭南部オスで列車と自転車が衝突、4人死亡(09/21)

石油トタル、G2モビリティーの全株取得(09/21)

フレンチコネクション、上半期は赤字縮小(09/21)

シェル、北海事業の勤務体制を元通りに変更(09/21)

欧州委「マクドナルドの税制優遇は適法」(09/20)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

蘭UNスタジオ、ハイパーループの構想提示(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

ユニリーバ、本社一本化巡り主要株主が反対(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン