• 印刷する

アヴィバ、シュナイダー事業と統合 英最大規模のソフト企業誕生へ

産業向けソフトウエアを手掛ける英アヴィバ(Aveva)・グループは5日、仏電機大手シュナイダー・エレクトリックの産業ソフト事業と統合することで合意したと発表した。実現すると、上場するソフトウエア企業としては英国最大規模となる。当局の承認などを経て、今年末までの取引完了を目指す。

シュナイダーは2015年以降、2度にわたりアヴィバの取得に乗り出していたが、条件が折り合わず、撤回した経緯がある。シュナイダーは今回、産業ソフト資産を切り離した上で、アヴィバに吸収させ、統合後にアヴィバの過半数株を取得する。アヴィバはロンドン証券取引所(LSE)への上場を継続する予定で、いわゆる「リバース・テイクオーバー(逆さ合併)」の形となる。

統合後のアヴィバへ出資比率は、シュナイダーが60%、アヴィバが40%。シュナイダーの持ち株の価値はおよそ17億ポンドとなる。シュナイダーはこれに加え、現金5億5,000万ポンドをアヴィバに支払う。

アヴィバは主に石油・ガス、電力、造船向けのソフトウエアを手掛ける。一方のシュナイダーは従来の機械事業からソフトウエアも含めた総合製品へと軸足を移している。今回の統合で、アヴィバは既存事業を強化するほか、シュナイダーが強みを持つ化学や食品、医薬品、上下水道、主要インフラ向けの事業を傘下に入れる格好となる。

統合後のアヴィバの売上高は6億5,750万ポンド、EBITA(利払い・税引き前・償却費控除前利益、特別損益除く)は1億4,580万ポンドに膨らむ見込み。また、中期的には、統合によるシナジー効果が得られる見通しだ。[M&A]


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品その他製造金融運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

アストンマーティン、10倍弱の増益(11/16)

ロイヤル・メール、上半期は利益半減(11/16)

小売売上高、10月は0.5%減少(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

ソニー、EMIを完全子会社化(11/16)

英国、賭博規制の導入を来年4月に前倒し(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン