• 印刷する

コソボで政権樹立にめど=政治的空白に終止符

セルビアからの独立を宣言しているコソボで、コソボ民主党(PDK)率いる中道右派の政党連合が小政党・新コソボ同盟と連立政権を樹立することで合意した。6月の総選挙以来、続いていた政治的空白にようやく終止符が打たれた格好だ。しかし、30%台に達する失業率への対策やセルビアをはじめとする近隣諸国との関係改善など、課題は山積みとなっている。

政党連合と新コソボ同盟を合わせた議席数は63議席で、議会(一院制、120議席)の過半数を確保。政党連合を率いるラムシュ・ハラディナイ氏は、「ようやくコソボは動き始めた。とても遅くなったが、われわれの政権が樹立される」と述べた。

ハシム・サチ大統領は、数日以内にハラディナイ氏に組閣を命じる見通し。関係者によると、議長を決めるための会合が近く開かれる見込みだ。

ハラディナイ氏は、コソボのゲリラ組織・コソボ解放軍の軍事的指導者だった。コソボ紛争中の犯罪行為で、国際戦犯法廷から訴追されたものの、いずれも無罪となっている。2005年には、国際連合の統治下で短期間ながら首相を務めた。

新コソボ同盟は、メディアが「コソボで最も裕福な人物」と呼ぶベフジェット・パッツォーリ氏が率いる。同氏が政権内でどのポストに就くかは明らかになっていない。

コソボは2008年に独立を宣言し、これまでに米国や欧州連合(EU)など110カ国以上が承認しているものの、セルビアやロシアなどは独立を認めていない。


関連国・地域: EUセルビアロシア米国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

セルビア、首都での封鎖措置再導入を撤回(07/13)

セルビア、首都での封鎖措置再導入でデモ(07/09)

オーストリア、西バルカンへの渡航自粛要請(07/03)

コソボ大統領、紛争時の人道犯罪で訴追(06/26)

セルビア総選挙、与党が圧勝(06/23)

セルビア大統領、景気後退回避を予想(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン