• 印刷する

オーストリア首相候補、移民手当の削減主張

10月15日のオーストリア総選挙が迫る中、首相の最有力候補に浮上している保守系・国民党(OVP)党首のクルツ欧州・国際関係相(31)が、移民手当の制限や縮小を主張している。移民問題を巡る有権者の懸念を支持拡大につなげる考えだ。ロイター通信が伝えた。

クルツ氏は難民手当を1人当たり月額560ユーロに減らす方針。これは市民団体が貧困ラインとする所得の約半分にすぎない。また同氏は1世帯当たりの支給額を最大1,500ユーロに制限したい考えだ。

オーストリアには過去2年間で中東、アフガニスタン、アフリカから数万人が流入。社会保障費の増大を背景に、移民抑制を唱える政治家の人気が上昇している。

政党別の支持率を見ると、OVPが約33%で首位。反移民を掲げる極右の自由党(FPO)とケルン首相率いる社会民主党(SPO)が共に25%となっている。


関連国・地域: オーストリアアジアアフリカ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シェル、独などでEV急速充電設備を拡充(02/07)

スイスの百貨店グローブス、タイ社が買収(02/06)

昭和電工、独生産拠点の閉鎖巡り労使協議(02/06)

ドイツ銀、サウジ取引で贈賄か 王族の資産運用契約に絡み(01/28)

ブルゲンラント州議選、社民党が単独過半数(01/28)

石油OMVペトロム、カザフ資産を売却へ(01/27)

包装材プリンツホルン、ハンガリー工場増設(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン