• 印刷する

買い替え時の値引きを軒並み導入 自動車各社、顧客の環境意識向上で

英国で事業展開する自動車大手各社が1日までに、旧型車両からの買い替え時に値引きするキャンペーンをこぞって開始した。独フォルクスワーゲン(VW)は既にドイツで行っている制度を英国でも導入。トヨタ自動車や日産自動車も追随しており、排ガス不正問題などをきっかけにカーオーナーの環境意識が高まる中、顧客争奪戦の様相を呈している。

VWは2009年12月31日以前に登録された欧州連合(EU)の旧排ガス基準「ユーロ4」以前のディーゼル車を廃車にすることを条件に、現行基準「ユーロ6」に準拠した新車を最大6,000ポンド値引きする。保有車両のメーカーやモデルは問わない。値引き額はモデルによって異なり、例えばVWブランドではコンパクトカー「up!(アップ)」が1,800ポンド、主力の「ゴルフ」が4,000ポンド、中型セダン「パサートGTE」が最高の6,000ポンドとなる。

トヨタの新車値引き額は最大4,000ポンド。7年以上前に登録され、6カ月以上保有した車両(メーカー問わず)から買い換えることが条件となる。12月31日までの期間限定で、「アベンシス」「ヤリス」「アイゴ」「RAV4」「プリウス」など12モデルが1,000~4,000ポンド割引される。

日産は、電気自動車(EV)「リーフ」の24キロワット時版の認定中古車に乗り換える場合に最大2,000ポンド値引きする。2009年末までに登録された旧排ガス基準「ユーロ5」以前の車両保有者が対象だ。他に「マイクラ」や「ジューク」「キャシュカイ」などの新車も値引きの対象となる。

このほか、仏ルノーや韓国・起亜自動車も同様のスキームを開始。先には米フォード・モーター、独BMW、独ダイムラー傘下の高級車メルセデス・ベンツ、仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)傘下の英ボクソール、起亜の親会社である現代自動車が値引き制度をスタートさせており、足並みをそろえた格好だ。

EUは1日、欧州市場で販売される自動車を対象に新たな排ガス試験を導入。VWの不正で問題となった試験場内の検査を厳格化するとともに、路上走行時の試験が新たに加わる。また英政府は7月、2040年までにディーゼル車とガソリン車の販売を全面的に禁止する方針を発表。健康リスクの主因となる窒素酸化物(NOx)の水準が高まる中、EVへの完全移行を目指すもので、禁止の対象にはハイブリッド車(HV)も含まれる見通し。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン