• 印刷する

英EU離脱で銀行員1万人増も フランクフルト、初の包括的調査を実施

フランクフルトは、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、向こう4年で金融業従事者が1万人増えるとの見通しを明らかにした。初の包括的調査となる。ロイター通信などが伝えた。

調査は同市のロビーグループ「フランクフルト・マイン・ファイナンス」が主導。金融業界での雇用拡大に伴い、非金融セクターでも少なくとも2万1,300人、最も楽観的なシナリオでは8万8,000人近くの雇用が生まれる見込みだ。これは不動産業者やタクシードライバー、建設業従事者など多岐にわたる。

一方、人口増加による住宅価格の上昇を懸念する声もある。フランクフルトの現在の人口はおよそ73万人で、2010年から既に10%増加。ドイツでは不動産ブームで住宅価格の高騰が問題となっており、ブレグジットでさらに拍車がかかる可能性があるという。

ブレグジットを受け、ロンドンに拠点を持つ金融機関がEUの拠点を英国外に移す動きが加速している。欧州中央銀行(ECB)が本拠を構えるフランクフルトは主要な候補地の1つで、米シティグループやモルガン・スタンレー、英スタンダード・チャータード銀行などのほか、日本勢では野村ホールディングスと大和証券グループ本社、三井住友フィナンシャルグループ、みずほ証券が同市への移管を決めている。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツEUアジア米国
関連業種: 金融建設・不動産運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

コメルツ銀行、通期は7倍弱に増益(02/15)

ドイツ銀、大株主が米投資銀事業の縮小要求(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

VWとフォード、自動運転の提携巡り対立か(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン