• 印刷する

ブリュッセルの兵士襲撃、犯人射殺

ベルギーの首都ブリュッセルの中心部で25日夜、ナイフを持った男が兵士2人を襲い、1人が負傷した。犯人は現場で銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡した。検察当局はテロとみている。BBC電子版などが伝えた。

犯人はソマリア出身の男(30)で、2004年からベルギーに住んでいた。2009年に亡命が認められ、2014年には市民権を取得している。これまでテロ活動への関与は確認されていなかったが、今年2月に暴行などの罪に問われていた。

犯人は犯行時、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたという。所持品からは偽の銃とコーランの複製2冊が見つかっている。ブリュッセルでは2016年3月のテロ事件以降、市内での兵士による警備が強化されている。


関連国・地域: ベルギー
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台湾・工研院、IDEAコンサルトと覚書(01/16)

仏、ベルギー国境の野生イノシシを殺処分へ(01/16)

ベシックス、ドバイで高層タワーの建設受注(01/15)

独当局、シーメンスの鉄道事業統合に懸念(01/15)

シーメンスとアルストム、追加事業売却も(01/14)

オランダ、夕方勤務や日曜出勤が欧州最多に(01/11)

英政府、緊急フェリー会社の準備不足認める(01/10)

ユーロ圏生産者物価、11月は4%上昇(01/07)

ルフトハンザ、独や墺などで5500人増員へ(01/04)

EU離脱後の緊急輸送、実績ゼロ企業が受注(01/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン