• 印刷する

ロシア南部で黒海にバス転落、18人死亡

ロシア南部で黒海沿岸のタマン半島で25日、建設作業員を乗せたバスが海に落下し、少なくとも18人が死亡した。非常事態省の話として、インターファクス通信などが伝えた。

事故現場は、石油運搬船向け施設の一部。バスは高さ数メートルの埠頭(ふとう)から海に転落した。バスには40人超が乗車しており、潜水士が救助に当たった。他に8人がけがを負い、うち5人は重体となっている。

作業員はタマンネフチガス(Tamanneftegaz)向けの埠頭建設に従事していた。港湾施設を運営するオテコ(Oteko)・ポートサービスによると、事故原因はバスのブレーキシステムの不具合だという。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 建設・不動産運輸天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石油ガスプロムネフチ、水素技術を開発へ(08/04)

露政府、都市封鎖で営業停止の中小企業支援(08/04)

モスクワ市、2025年までに全バスを電動化(08/03)

ロシアとフィンランド、電力供給増加で合意(08/03)

石化シブール、建設子会社の50%株を移管(08/03)

ロシア、スエズ湾岸の工業団地が年内に完工(08/02)

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

露当局、反体制派ウェブサイトへの通信遮断(07/28)

マグニト、ワイルドベリーズとスピード配達(07/28)

露首相、北方領土を訪問=経済特区設置も(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン