自動運転車の法的指針を公表 人の安全が最優先=運輸省

運輸省は23日、自動運転車を対象とする法的なガイドラインを公表し、人の安全を守ることを最優先とするよう明示した。自動運転車の規制としては世界でも初めてとなる。ロイター通信などが伝えた。

新たなガイドラインは、倫理や法律、技術の専門家で構成される同省の倫理委員会がまとめたもので、自動運転車のソフトウエアは人の殺傷を回避することを何よりも優先してプログラムするよう義務付けている。これにより事故が避けられない場合には、車が家屋や施設を破壊し路上の動物をはね、制限時速を超えてでも人への危害を最小限に食い止めることをソフトウエアが選択するように組まなければならない。

アレクサンダー・ドブリント運輸相は、「デジタル化や機械学習の時代には人間と機械の相互作用が新たな倫理的課題を投げかけている」として、同省の倫理委員会が世界初の自動運転車用ガイドラインを策定したと強調している。

ドイツでは先に連邦議会が自動運転車に関する法規を可決し、ドライバーが常に車を制御できる態勢で運転席に座ることを義務付け、ドライバーの責任を明確にした。これにより自動運転車の公道での試験走行が可能となった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン