• 印刷する

スイス南東部で土砂崩れ、8人が行方不明

スイス南東部グラウビュンデン州のヴァル・ボンダスカ(Val Bondasca)地方で23日午前9時半ごろ(現地時間)、土砂崩れが発生し、8人が行方不明になっている。AFP通信などが伝えた。

土砂崩れはイタリアとの国境近郊の村、ボンド(Bondo)で発生。納屋や厩舎(きゅうしゃ)などを含む農業施設12棟が土石流によって倒壊した。行方不明の8人は、スイス人やドイツ人、オーストリア人が含まれており、捜索隊がヘリコプターなどで夜通し捜索活動を行っている。

現地当局によると、土砂崩れの発生後に村から約100人が避難し、登山客はヘリコプターで救助された。専門家は近郊でのさらなる土砂崩れが発生する可能性は極めて高いと警告し、非難した住民は安全が確認されるまで、村に立ち入ることは禁じられている。

ボンド村では、2012年にも大規模な土砂崩れが発生している。村は土砂崩れ用の非常アラームを設置しており、今回の未然の避難に役立てられた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツイタリアオーストリアスイス
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クレディ・スイス、巨額損失で幹部流出続く(07/23)

重電ABB、スペインの自動化ロボ社買収(07/23)

米当局、ETP不適切販売巡りUBSと和解(07/23)

UBS、女性率いるヘッジファンドに投資か(07/22)

金融UBS、第2四半期は63%増益(07/21)

ネスレ、越でプラスチックストロー廃止推進(07/21)

投資パートナーズ、伊通信EOLO株を取得(07/20)

リシュモン、第1四半期は2.3倍に増収(07/19)

ラファージュホルシム、比で燃料消費削減へ(07/16)

バリーカレボー、ロシアに3カ所目の工場(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン