チェコ大統領選、来年1月12~13日に実施

チェコのシュテフ上院議長は23日、来年1月12~13日に大統領選挙を実施すると発表した。国家元首を直接投票で選ぶのは同国の近代史上2回目。AFP通信が伝えた。

大統領選には現職のゼマン氏(72)を含め、既に20人ほどが出馬の意向を表明。絶対多数を獲得する候補が現れない場合、1月26~27日に決選投票が行われる予定だ。

チェコ大統領の任期は5年。ゼマン氏は3月に2期目を目指す考えを明らかにしている。元共産主義者のゼマン氏はイスラム教徒に不寛容な一方、ロシアや中国に対し友好的な姿勢で知られ、トランプ米大統領への支持も公言。農村部で人気があるが、プラハなど都市部の親欧州連合(EU)派の知識人の間では評判が悪い。

ゼマン氏以外で最も有力視されるのは、チェコ科学アカデミーのドラホシュ前総裁(68)。ゼマン氏に勝てる可能性がある唯一の候補と見なされ、6月の世論調査では、決選投票が行われる場合、53.5%の票を獲得するとの予測が示されている。


関連国・地域: EUチェコロシアアジア米国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

チェコの自動車生産、3月は2.7%減少(04/20)

無人航空機プリモコ、プラハで上場へ(04/19)

チェコのビール生産量、5年ぶりに減少(04/19)

ラガルデール、一部雑誌をチェコ社に売却へ(04/19)

サノフィ、ジェネリック薬事業の売却で協議(04/18)

消費者金融HC、フィリピンで顧客増加(04/18)

VWの世界販売、3月は5.3%増加(04/18)

出版ラガルデール、東欧のラジオ事業を売却(04/18)

アルセロール、イルバ買収に向け資産売却案(04/17)

ウイルス対策アバスト、ロンドン上場へ(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン